/

この記事は会員限定です

帝人、医療用ガウンで中小と連携 生産情報を共有

受注機会広げ縫製メーカーの供給継続促す

[有料会員限定]

帝人は新型コロナウイルス流行の第3波で不足する医療用ガウンの安定供給に向け、中小の縫製企業と生産を支える枠組みづくりに乗り出した。連携する約40社と生産情報を共有するなどし、大量生産に迅速に対応できるようにする。ガウンは4月に中小の参入が続いたが中国製の流入などで生産中止が相次ぐ。国内メーカーの供給意欲の維持へ業界が知恵を絞る。

帝人は新型コロナの流行が加速した4月に医療用ガウンに参入した。細かい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り943文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン