/

この記事は会員限定です

イオン、2兆円分の食品調達一本化 節約志向に対応

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

イオンはグループの食品調達を一本化する。金額は2023年度には2兆円にのぼる。業務の効率化を進め仕入れ価格を抑え、今後の値下げなどに備える。新型コロナウイルスの感染拡大で消費者の節約志向が強まっており小売り各社は対応を迫られそうだ。

イオンの連結売上高は8兆6042億円(20年2月期)と、国内小売りで最大規模で、食品仕入れ額は約4兆円に上る。このうち約半分にあたる飲料や即席麺、調味料や冷凍食品など全国の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り482文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン