/

この記事は会員限定です

ソフトバンクG・孫氏のAI群戦略、日本が「実験場」

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

ソフトバンクグループ(SBG)が傘下の投資ファンド「ビジョン・ファンド」の出資先企業の日本進出を加速させる。出資先が持つ人工知能(AI)のノウハウを通信子会社ソフトバンクなどが日本で試す。ファンドの投資収益の浮沈に隠れ、これまで目立たなかったが、取り組みは孫正義会長兼社長の肝煎りだ。グループ経営の将来を左右する可能性もある。

2月8日、SBGが移転したばかりの新本社ビル(東京・港)で開いた記者会見。孫氏はこう話した。「(ファンド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3145文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン