/

この記事は会員限定です

鉄道もカーボンゼロ シーメンス、水素車両に参入

[有料会員限定]

独シーメンスが水素を燃料に使う鉄道車両の開発に乗り出した。ドイツ鉄道と燃料電池を搭載した車両を2024年に試験運行し、水素の供給インフラも整備する。鉄道の二酸化炭素(CO2)の排出量は自動車より少ないが、発電時のCO2や化石燃料を使うディーゼル車の削減が課題だ。排出ゼロへ次世代技術の活用が欠かせない。

水素を燃料にする鉄道車両は、カナダのボンバルディアの事業を買収した仏アルストム、世界最大手の中国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1809文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン