/

この記事は会員限定です

自治体の知見をチャット共有 新興チェンジ、30万人活用

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのワクチン接種など、かつてない業務に悩む地方自治体が頼るのが「LoGoチャット」だ。東証1部上場のチェンジが開発した。580の自治体が導入し、約30万人の職員が活用する。ふるさと納税のノウハウを生かし、2020年9月期は売上高を7割近く増やした。

「接種の優先順位をどう決めていますか?」

高齢者へのワクチン接種開始が4月に迫る中、各自治体の職員の間で「LoGoチャット」というツールが急速...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2093文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン