/

この記事は会員限定です

再生医療向け細胞、培養しやすく ナレッジパレット

基盤づくりへ5億円調達

[有料会員限定]

医療関連のデータ分析サービスを手がけるナレッジパレット(川崎市)は、再生医療に使う細胞培養の基盤づくりに乗り出す。通常の分析には10万個以上の細胞が必要なところ、数千個でも細胞の状態を正確に計測できる自社技術を用い、高品質の細胞を安定して作る培地の条件を見つけられる見通し。2022年内の事業化を目指す。

同社が持つ、大量の細胞を低コストで正確に計測する技術を生かす。大量の細胞を一度に調べる従来法に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り499文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン