/

この記事は会員限定です

台湾発、糖尿病管理アプリにビデオ通話機能

[有料会員限定]

糖尿病管理アプリ「シンクヘルス」を手がける台湾のH2 Inc.は、2月からアプリにビデオ通話機能をつける。ビデオ会議サービスを使う手間を省き、アプリに蓄積する患者の血糖値データや食事記録を画面上で共有しながら医師などが診察できる。糖尿病患者は新型コロナウイルス感染による重症化リスクが指摘されており、オンライン診療は高い需要があると判断した。

H2社は2013年に創業した台湾のスタートアップ。祖父母...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り518文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン