/

この記事は会員限定です

帝人、水素ドローン用タンク 炭素繊維製で飛行時間10倍

[有料会員限定]

帝人は燃料電池で動くドローン用に炭素繊維複合材などでつくった水素タンクを2021年度中に発売する。燃料電池を使うとリチウムイオン電池で動く従来のドローンと比べ飛行時間は約10倍に伸びる。航空機向けの炭素繊維需要が世界的に低迷するなか、新たな収益源に育てる。

燃料電池車(FCV)などに供給している水素用の圧力容器を初めてドローンに搭載する。一般的なドローンはリチウムイオン電池で飛行する。体積当たりのエネ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り700文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン