/

この記事は会員限定です

商品開発、個人特性を重視 資生堂社長

そこが知りたい 魚谷雅彦氏

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの流行で人の移動が制限され、化粧品業界の成長を支えてきたインバウンド(訪日外国人)需要が激減した。訪日客依存をどう脱却し、再成長につなげるか。国内最大手、資生堂の魚谷雅彦社長に聞いた。

――海外との人の往来はしばらく元の水準に戻りそうにありません。どのように売り上げを補いますか。

「もともと訪日客需要の前に国内のビジネスがあった。原点に戻る必要がある。日本のお客さんがよいと思って買って...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り890文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン