/

双日、水素航空機に参入 米新興に出資

双日は23日、水素を燃料とする航空機開発を手掛ける米スタートアップ、ユニバーサル・ハイドロジェンに出資すると発表した。同社は既存の航空機を改造して水素燃料に対応した機体を開発中で、2025年にも国内で飛行試験を始める。双日は航空機事業のノウハウや販売網を通じて、日本やアジアでの展開を担う。

水素の燃料タンクを搭載した航空機(ユニバーサル・ハイドロジェンのホームページ)

出資比率や出資額は非公表。ユニバーサル・ハイドロジェンは水素燃料を使う航空機や燃料システムの開発を手掛ける。既存の航空機を改造することで開発速度を速めているのが特徴だ。米国で機体の実用化に向けた認証を24年ごろに取得したうえで、国内で飛行試験や空港での運営体制に関する実証実験を始める。

航空業界は世界の二酸化炭素(CO2)排出量の3%を占めるとされており、業界をあげてCO2を排出しない次世代燃料の開発などをすすめている。双日は航空機リースや空港施設運営を手掛けており、国内外のネットワークを生かす。ユニバーサル・ハイドロジェンと組むことで水素燃料機の普及や供給網の整備を急ぐ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン