/

セブン、ペットボトル回収機を1500台に

セブン―イレブン・ジャパンは有料化したレジ袋で得た収益金をペットボトル回収機の設置拡大などに充てる

セブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン―イレブン・ジャパンは2022年2月までに、コンビニエンスストア店頭に設置するペットボトル回収機の台数を約1500台と現在の3倍に増やす。プラスチック製レジ袋の有料化から得た収益を導入費用に充てる。回収したペットボトルは飲料ボトルなどに再利用し、環境対策につなげる。

セブンは20年7月にレジ袋の小・中・大サイズ、弁当用を税別3円、特大サイズを同5円で有料化した。原価を差し引いた利益の約50%をセブン本部が受け取り、残りがフランチャイズチェーン(FC)加盟店に入る仕組みだ。本部は20年7月~21年2月にレジ袋から得た収益約5億6500万円をペットボトル回収機の設置など環境投資に充てていた。

セブン&アイは傘下のスーパーなどを含め現在、グループで計1001台のペットボトル回収機を設置している。うちセブンイレブンが529台で、約1年で1千台を追加する。回収した資源はグループ共通のプライベートブランド(PB)「セブンプレミアム」の飲料のペットボトルや肌着の再利用などに活用する。

傘下スーパーのイトーヨーカ堂、ヨークベニマル、ヨークはレジ袋の収益金約3208万円を約20の自治体や団体に寄付しているという。セブン&アイは50年までに国内外のグループ店舗から排出される二酸化炭素(CO2)を実質ゼロにする目標を掲げるなど、環境貢献を主要な経営目標の一つに据えている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン