/

この記事は会員限定です

スーパー売上高2.1%減、2月、買いだめの反動減響く

[有料会員限定]

日本チェーンストア協会(東京・港)が発表した2月の全国スーパー売上高(速報値)は、既存店ベースで前年同月比2・1%減だった。5カ月ぶりのマイナスとなった。前年同月に買いだめ需要で米やパスタなどの売り上げが伸びた反動減となった。うるう年だった前年に比べて営業日数が減ったことも影響した。

食料品は0・3%減だった。その他食品は2・8%減となった。カップ麺や袋麺など内食に適した商品が前年、新型コロナウイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り272文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン