/

KDDI、本社の座席4割減 テレワークで

KDDIは23日、東京・飯田橋にある本社の座席数を、在籍社員数に対して4割減らすと発表した。2021年1月以降に減らし、全フロアで自席を設けない「フリーアドレス制」にする。本社ビルに勤務する約6500人のうち足元では5割程度がテレワークをしており、今後も柔軟な働き方を続ける。

出社とテレワークを組み合わせた働き方に対応するため、オフィスには、オンライン会議用の集中スペースや配信用スタジオなどを新たに設ける。全体で執務室を約1割削減できる見込みで、空いたスペースには、都内に分散している事業拠点やグループ会社の一部を集約して有効活用する。

また、約1万2000人の全社員に、セキュリティーを強化して社外でも使えるノートパソコンを提供する。これまで社内パソコンは外への持ち出しができず、テレワーク時は私用端末に社内パソコンの画面情報を転送して使っていた。今後は社外でもオフィスと同じ端末で業務ができるため、セキュリティーの強化と効率化を上げる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン