/

この記事は会員限定です

三井物産トップ交代 「安永改革」道半ば、堀氏に託す

[有料会員限定]

三井物産は23日、堀健一専務執行役員(58)が昇格する人事を発表した。2015年に就任した安永竜夫社長(60)は注力分野としてヘルスケアや液化天然ガス(LNG)の開発などを推し進めた。一方、同社の屋台骨である資源・エネルギー事業は、世界的な脱炭素の動きで逆風に直面している。脱炭素への対応や景気動向に左右されにくい非資源事業の育成は道半ばで、構造改革は次期社長に託された。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1367文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン