/

この記事は会員限定です

中国テック株、米中摩擦と当局規制の二重苦続く

[有料会員限定]

中国ハイテク株の低迷が続いている。長引く米中摩擦で米上場の廃止リスクに直面する企業が増えているほか、当局の規制の方向感が定まらず国内事業の先行きも不透明なためだ。一方で、大型の新規上場の準備とみられる動きや非上場企業への投資は依然として活発だ。中国のテック情報サイト「36Kr」日本語版の報道をもとに、逆風下の中国企業の動向を追った。

「ネット企業として初のデュアル(重複)プライマリー上場だ」。5...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1406文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン