/

この記事は会員限定です

不動産トップ、21年の戦略語る 三井不動産・東急不動産

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

大手不動産会社が企業の働き方改革やスマートシティーへの対応を迫られている。三井不動産は顧客ニーズを踏まえて、シェアオフィスを含めたオフィス事業の戦略を練っている。東急不動産はスマートビル事業のフロントランナーを目指し、東京・竹芝に続き、九段会館(同・千代田)を歴史的建造物として建物の一部を保存しつつスマート最先端のスマートビルに建て替える。

三井不動産菰田正信社長 「オフィス事業は堅調に推移、ホテルは我慢の時」

――大変な一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3864文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン