/

この記事は会員限定です

Jパワー、CO2貯留を浅い地盤で コスト削減へ

[有料会員限定]

Jパワーは二酸化炭素(CO2)を地中に貯留する新技術の開発を始める。従来の貯留技術と比べ浅い地盤に特殊な状態でCO2を貯留することで、火力発電所などで生じるCO2を回収して貯留する費用を抑える。世界的に「脱炭素」の流れが強まる中、貯留技術を確立して産業のCO2排出削減につなげる。

CO2を海底などに回収・貯留する次世代技術は「CCS」と呼ばれ、政府が掲げる2050年の温暖化ガス排出実質ゼロ目標の達成に不可...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り787文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン