/

この記事は会員限定です

UAゼンセン会長「賃金格差の解消、賃上げで」

[有料会員限定]

2021年の春季労使交渉が新型コロナウイルス下で始まった。企業業績の格差が鮮明になるなか、組合の要求内容や会社回答にも差がつきそう。コロナ後を見据え、ジョブ型雇用といった新しい働き方もテーマだ。主要産業の関係者に今回の交渉の重点テーマを聞く。初回は流通や外食などの労働組合が加盟するUAゼンセンの松浦昭彦会長。

――加盟組合の企業業績は明暗が分かれています。業績が悪いところも賃上げを要求できますか。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1300文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン