/

青山商事、希望退職に609人応募 募集人数5割上回る

青山商事は店舗や人員のリストラを進めている

紳士服の青山商事は22日、2020年12月14日から21年2月19日に募集した希望退職に、609人が応募したと発表した。21年3月31日時点で40歳以上63歳未満かつ勤続5年以上の正社員と無期契約社員が対象で、募集人数(400人程度)を約5割上回った。同社は22年3月期までに全店の2割にあたる160店を閉店するほか、売り場も縮小している。

応募した社員は21年5月31日付で退職する予定。同社は割増退職金などで21年3月期に約40億円の特別損失の計上を見込む。青山商事単体の正社員と無期契約社員は20年3月期末で約4000人で、希望退職者は約15%にあたる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン