/

Jフロント、性別移行支援休暇を新設

J・フロントリテイリングは22日、大丸松坂屋百貨店などグループ各社の就業規則の一部を改定し、性同一性障害の従業員がホルモン治療や性別適合手術の診察などのため有給休暇を取得できるようにしたと発表した。LGBT(性的少数者)の支援などダイバーシティー(多様性)の推進につなげる。

手術などに必要な日数について直近 2 年間に失効した年次有給休暇を取得できるようにした。また、会社指定の手続きを行うことで、同性のパートナーでも婚姻に相当する関係として認定。現行の規則で「婚姻」や「配偶者」に適用される福利厚生サービスなどの対象とする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン