/

この記事は会員限定です

東芝、飲食店の自動換気サービス CO2濃度計測・通知

(更新) [有料会員限定]

東芝は二酸化炭素(CO2)濃度センサーなどを使って、飲食店が適切に換気できるようにするサービスを2月中にも始める。店舗内のCO2濃度データなどを調べ、一定の数値を超えると店舗の管理者に注意を促したり、自動で空調機器を作動させて換気したりする。新型コロナウイルスの感染予防と事業活動の両立へ、換気しながら営業する店づくりに役立てる。

東芝が開発したあらゆるモノがネットにつながる「IoT」基盤を活用。センサ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り379文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン