/

この記事は会員限定です

凸版印刷、ネット本人確認を拡充 台湾のソフト企業買収

[有料会員限定]

凸版印刷は台湾のソフト開発会社、iDゲートを買収した。買収金額は非公表だが、十数億円とみられる。ネット上で顔写真から本人確認ができるiDゲートの技術と凸版のIDカードを組み合わせることで、新規発行の手続きがオンラインで完結できるようになる。なりすましの防止にもつなげる。

iDゲートは2013年の設立で、「eKYC」と呼ぶオンラインで本人確認ができる技術を持つ。台湾大手の中国信託商業銀行など15程度の金融機...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り305文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン