/

この記事は会員限定です

11月のスーパー売上高、1.2%増 食品好調も衣料品は苦戦

[有料会員限定]

日本チェーンストア協会(東京・港)が発表した11月の全国スーパー売上高(速報値)は、既存店ベースで前年同月比1.2%増だった。前年同月比プラスは2カ月連続。コロナ下の内食需要で食料品は好調が続くが、外出を控える動きが再び強まって衣料品は苦戦した。

食料品は内食需要で3.0%増と好調だった。ジャガイモやタマネギなどがよく売れた農産品は4.2%増えた。畜産品は5.0%増だった。水産品も刺し身や保存に適...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り346文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン