/

1人でこもれる仕事ブース ライオン事務器  

ライオン事務器が発売した1人用の仕事ブース

文具・事務用品のライオン事務器(東京・中野)はオフィス内などに設置する1人用の仕事ブースを発売した。パネルの枚数や、パソコンや固定電話を置く机として使える天板の高さを用途に応じて選べる。新型コロナウイルスの感染拡大の影響でウェブ会議やオンラインセミナーを開催する企業が増えており、需要を取り込む。

商品名は「ワーキングブース<Comole(コモーレ)>」。高さ1メートル80センチメートルのパネルと天板をセットで販売する。パネルの面数は3枚と4枚の2種類、天板の高さは1メートルと72センチメートルの2種類を用意した。電話やパソコン作業など用途に応じて選べる。

価格は3面パネルが税別27万円、4面パネルは税別30万3000円。パネルの色はライトブルー、ライトグリーン、オレンジ、ダークグレーの4種類、天板の色はホワイトとナチュラルの2種類をそろえた。

4面パネル型は、出入り口にあたる部分のパネルを斜めにカットした形状にした。利用者の頭は隠しつつ足元は見えやすいため、使用状況が把握しやすい。ウェブ会議の時には背後の映り込みも軽減できる。天板にはモニターや照明を取り付けられる。

近年は仕事内容に合わせて働く場所を選びたいというビジネスマンが増えており、集中して作業できる仕事ブースの需要が高まっている。新型コロナをきっかけにウェブ会議やセミナーが増えていることから、新規顧客の開拓につなげていきたい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン