/

AI倫理とは 人類に悪影響与えないための規範

きょうのことば

▼AI倫理 人工知能(AI)が人類に悪影響を与えないようにするための規範を指す。学習データの偏りから不当な差別につながったり、国家による監視に使われたりするのを防ぐ。AIの代表格であるディープラーニング(深層学習)は判断の過程が不透明で、使う側が気づかぬうちに問題を起こす懸念が高まっている。米グーグルや米マイクロソフトなどIT(情報技術)企業が相次ぎ指針を公開してきた。

1942年にはSF作家のアイザック・アシモフ氏がロボットが従うべき原則として小説で「ロボット工学三原則」を提示した。当時はSFでの議論にとどまっていたが、近年はAIの発達により現実味を増している。12年にトロント大学の研究者が深層学習の精度を実証してから「第3次AIブーム」が花開き、画像認識などで人間の能力を超えるAIが実現した。自動運転など生死を左右する領域にもAIが使われており、重要性が増している。

企業だけでなく国家や国際機関も対応に乗り出している。日本政府は18年にAIを使う際の7原則を策定し、「人間中心」を掲げた。欧州連合(EU)の欧州委員会も同様にAI倫理指針を公表し「人間中心」を打ち出した。「機械にどこまで決定させるのか」「禁止すべき領域はあるか」といった観点もあり、科学技術の倫理を総合的に取り扱う国連教育科学文化機関(ユネスコ)が国際ルールづくりを進めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン