/

この記事は会員限定です

資生堂、高価格商品に活路 事業構造を抜本見直し

[有料会員限定]

資生堂が事業構造の本格的な見直しに着手した。看板商品のへアケア商品「TSUBAKI」を含む日用品事業を、欧州系投資ファンドに売却する方針だ。新興メーカーの台頭もあり価格競争は激しく、利益率は低い。新型コロナウイルスの流行で販売環境が揺らぐなか、スキンケアなど強みを持つ高級品に活路を見いだす戦略が鮮明となる。

資生堂は22日、日本やアジアで日用品などを手がける「パーソナルケア事業」の欧州系大手投資ファンド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1235文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン