/

アシックス、足の形をタブレットから計測 靴売り場で

タブレットから足の形を計測する

アシックスジャパン(東京・江東)はこのほど、百貨店の靴売り場で、足の形を計測するサービスを導入した。専用マットの上に立ってもらい、タブレットから写真を撮ると足長と足幅を画面に表示する。メジャーで計測していた作業の負担を軽減するとともに、簡易的に測れるようにして百貨店で扱いやすくする。

同社のビジネス・カジュアル向け靴ブランド「アシックスウォーキング」を販売している全国の百貨店に順次導入する。スタッフがいる間のみ利用できる。計測代は無料。

専用マットは縦約52センチメートル、横48.5センチメートルの四角形で、スペースをとらずに設置しやすくした。スポーツ動作を解析して靴などの商品研究をするアシックススポーツ工学研究所で開発した独自のアルゴリズムを用いて足の形を測る。

同社は「アシックスウォーキング」の直営店で、3次元で足長やかかとの傾斜角度などを計測するサービスを実施している。ただ、箱状の計測器の設置や計測結果を出すのに5分程度かかるため、簡易的に計測できる今回のサービスを導入した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン