/

LINEペイ、アップルペイに対応 前払い残高から支払い

キャッシュレス決済のLINEペイは、米アップルの電子決済サービス「アップルペイ」への対応を始めたと発表した。LINEペイに入金した残高から、アップルのスマートフォン「iPhone」や腕時計型端末「アップルウオッチ」をかざす非接触決済が可能になる。

LINEペイ上で、オンライン上のみで使うVISAのプリペイドカードを発行すると、通常のQR決済とアップルペイの非接触決済で、残高を共通化できる。電子マネー「iD」の端末が置いてある小売店店頭など、全国121万カ所以上で支払いができる。

従来もLINEペイ発行のクレジットカードを経由してアップルペイの利用は可能だったが、銀行口座からの入金など「前払い方式」にも対応することで、利便性を高める。同社は「QR決済だけでなく、クレジットカード、非接触など、キャッシュレスの様々な決済手段に対応できるようになった」としている。

スマホの非接触決済では、アンドロイド端末を提供する米グーグルが「グーグルペイ」、アップルはアップルペイを提供する。LINEペイはこれまで、JCBのプリペイドカードを経由することで、グーグルペイに対応していた。現在はJCBのカード発行を終了しており、VISAのカードを通じたグーグルペイへの対応も準備を進める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン