/

ギグワーカーの3割が会社員、生活費補填に 民間調査 

インターネットを通じて企業や個人から仕事を請け負う「ギグワーク」への注目が高まっている。単発アルバイトのマッチングアプリを手掛けるタイミー(東京・豊島)の調査によると、ギグワーカーのうち約3割が会社員だと分かった。副収入を得る手段としてギグワークを活用する人が増えており、報酬用途として生活費をあげる人が半数を超えた。

現在の職種について聞いたところパート・アルバイトが31%、ギグワークのみとの回答は5%だった。会社員は正社員(19%)と契約・派遣社員(12%)の合計で31%となった。「新型コロナウイルスの影響でリモートワークが普及したことにより、浮いた通勤時間を副業に当てる人が増加したようだ」(タイミー)という。

ギグワークで得た報酬を主な収入としている人の割合は14%で、86%は副収入として位置づけていた。報酬の用途を複数回答で聞いたところ、1位は生活費で75%を占めた。2位の趣味(44%)とは30ポイントの差が開いた。本業での収入の減少が影響した可能性もあるという。

ギグワークを続けたいか聞いたところ、95%が継続的な利用の意向を示した。自由回答からは「時間に縛られない働き方が好ましい」「万が一本業がなくなった時に備えたい」との意見が聞かれた。

タイミーのサービス利用者を対象に12月11日から18日までインターネット上でアンケート調査を実施した。有効回答数は2125人。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン