/

この記事は会員限定です

航空連合、「グループ外出向、運用確認を」 春季交渉で

[有料会員限定]

航空関連の労働組合でつくる航空連合は22日、2021年の春季労使交渉でグループ外出向や一時帰休を実施する際は、労使で運用を確認、協議することなどを求めると発表した。航空業界は旅客需要が激減し、加盟組合の企業の業績が悪化していることから、賃金交渉については一律の基準を定めない。

要求内容では産業の存続と雇用の維持を重点事項に掲げている。①雇用調整助成金など各種制度の活用②一時帰休やグループ外への出向...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り325文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン