/

東京ディズニー、4月から上限2万人に 営業時間も延長

think!多様な観点からニュースを考える
オリエンタルランドは入場制限を緩和する

オリエンタルランドは22日、運営する「東京ディズニーリゾート」の入園者数の上限を4月1日から各パークで1日2万人に引き上げると発表した。営業時間も東京ディズニーシーは3時間、東京ディズニーランドは2時間延ばす。駐車料金も一時的に割引し、公共交通機関の混雑を回避する。政府からの要請に従い閉園時間をパークごとにずらしつつ、入園者数を増やす。

各パークの入園者数は3月21日まで5000人、22日~31日までは1万人としていた。4月1日~18日までの営業時間をディズニーランドは午前9時~午後8時、ディズニーシーは午前9時~午後9時にする。3月31日までは両パークとも午前10時~午後7時としている。駐車場の料金も平日が1台2500円、土日祝日が3000円のところ、4月1日~18日は一律で1000円とする。

延期していた人気映画「ベイマックス」のイベントも4月5日から開催する。ディズニーホテルの宿泊者向けに、通常の入園時間より1時間早く入れる「アーリーエントリーチケット」も4月1日入園分から販売する。新型コロナウイルスの影響で2020年2月末の休園前に購入した日付指定のない1日券や株主用の1日券などを持つ客が抽選で入園できる施策は継続し、一定の条件を満たすと必ず当選するとしている。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン