/

KMバイオ、コロナワクチンの治験開始

KMバイオロジクスが開発する新型コロナ向け不活化ワクチン(同社提供)

明治ホールディングス傘下でワクチン製造のKMバイオロジクスは22日、開発中の新型コロナウイルス向けワクチンの臨床試験(治験)を始めたと発表した。国産ワクチンの治験は4例目で、まず初期段階の治験として国内の210人を対象に安全性と有効性を確かめる。同社の既存のプラットフォームを活用し、6カ月で3500万回分を生産する体制を2021年度内に整える方針だ。

KMバイオがこのたび始めた第1/2相の治験は、国内の20歳以上の健康な成人210人が対象。同社のワクチンを2回接種した場合の安全性と有効性を検証する。良好な結果が確認されれば、年内にも数万人規模の最終治験に移る考えだ。

KMバイオが開発する「不活化ワクチン」はインフルエンザワクチンなどで広く普及している手法で、弱毒化したウイルスを用いて免疫を誘導する。同社が手掛けている日本脳炎ワクチンの製造プラットフォームを活用し、6カ月で3500万回分を生産する体制を21年度内に整える方針だ。

国産ワクチンの治験については、第一三共も22日に治験を始めたと発表したほか、アンジェス塩野義製薬の治験も進行中で、KMバイオは4例目となる。変異型への対応や中長期的な流行を見据え、各社は国産技術の確立を急ぐ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン