/

第一三共、自社開発のコロナワクチンで臨床試験開始

第一三共は国内勢で初めて「mRNA」を使った新型コロナワクチンの開発を急ぐ

第一三共は22日、新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)を始めたと発表した。実用化は2022年以降になる見通し。すでに国内接種が始まった米ファイザー製と同じ「メッセンジャーRNA(mRNA)」という物質を国内勢で初めて採用した。国産技術の確立で変異ウイルスや、次のパンデミック(世界的大流行)などに向けた体制作りを急ぐ。

日本人152人を対象として、安全性や有効性を確認する初期段階の治験を始めた。ワクチンは2回接種で適切な用量も探る。今秋にも出始める結果を踏まえ、中期や最終段階の治験に進む考え。先行する海外製ワクチンの接種で国内の感染が収束する可能性もあり、最終段階の大規模な治験は海外での実施を視野に入れる。

mRNAを使うコロナワクチンはファイザーと、米バイオ製薬モデルナがすでに実用化している。mRNAは体内に入ると分解されてしまうため、脂質の膜にくるんでワクチンとして投与する。第一三共は独自技術を用いた材料を膜に使用し、接種後の炎症が起きにくくなることが期待できるという。

国内企業が開発するコロナワクチンを巡ってはアンジェス塩野義製薬のものがすでに治験入りしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン