/

この記事は会員限定です

3キャリアの廉価プランで悲鳴 追い詰められるMVNO

ITジャーナリスト 石川 温

[有料会員限定]

格安スマホサービスを提供する仮想移動体通信事業者(MVNO)が悲鳴を上げ始めた。理由は3キャリアによる相次ぐオンライン専用の2980円(税別、以下同)プランの投入だ。

MVNOなどで組織される業界団体であるテレコムサービス協会のMVNO委員会は2021年1月19日、総務省での研究会において「3キャリアの廉価プランはMVNOに深刻な影響を与える」と警鐘を鳴らした。

MVNO委員会が提出した資料によれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2755文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

モバイルの達人

最新スマホの最速レビューから、最新技術動向、スマホを巡るビジネスの裏側など業界を知り尽くす「達人」がお伝えします。動きの早いモバイル業界の「次を読む」ためのヒントが満載。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン