/

この記事は会員限定です

日鉄、米に電炉新設を発表 800億円投資

[有料会員限定]

日本製鉄は22日、欧州アルセロール・ミタルと合弁先の米国南部アラバマ州の工場に、鉄スクラップを原料とする電炉を新設すると発表した。7億7500万ドル(約800億円)を投じ、2023年前半の稼働を見込む。日鉄は製造時の環境負荷が少なく効率的な電炉を国内外で増やす方針で、新設する設備でも自動車用鋼板など高級品の製造ノウハウを蓄積する考えだ。

アラバマ州の工場では、米国内やブラジルなどから調達した半製品を加工し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り366文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン