/

ソフトバンク、5Gを2割下げへ 容量無制限で月6580円

(更新)

ソフトバンクは22日、高速通信規格「5G」と4Gの両方に対応したデータ無制限プランを、月額6580円(税抜き)で2021年3月から始めると発表した。現行の50ギガ(ギガは10億)バイトの5Gプランより約2割(1900円)安い。「ワイモバイル」の料金プランも見直し、NTTドコモに対抗する。

現在の大容量プランはデータ容量が50ギガバイト(一部の動画などは無制限)で4Gは7480円、5Gは8480円で提供している。新プランは4Gと5Gをともに月額6580円とし、容量を無制限にした。利用が3ギガバイト以下の月は1500円を割り引く。

オンライン専用の料金体系も新設する。傘下の仮想移動体通信事業者(MVNO)、LINEモバイル(東京・新宿)を吸収合併して21年3月からスタートする。20ギガバイトで月2980円と、NTTドコモの新プラン「アハモ」と同額に設定。LINEのトークや通話を使い放題にした。ソフトバンクの榛葉淳副社長は「LINEのブランド力は大きく、サービスが使い放題なのが強みだ」とアハモとの違いを強調する。オンライン手続きに特化することでコストを抑える。

既存の「ワイモバイル」の料金も見直した。3ギガバイトで1980円、10ギガバイトで2980円、20ギガバイトで3780円の3種類に設定し、21年2月から始める。当初は20ギガバイトは4480円で12月下旬に開始予定だったが、ドコモの新料金などに対抗して見直した。

榛葉副社長はさらなる対抗値下げについて「常にウオッチしながら状況をみていくが、今回思い切った金額にした」と説明する。KDDIも大容量プランの値下げや、アハモ対抗で料金を見直す方針を既に固めており、21年1月に公表する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン