/

この記事は会員限定です

三菱商事、再生エネ発電6割に倍増 政府30年目標受け

【イブニングスクープ】

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

三菱商事は発電事業で、再生可能エネルギー由来の電源の割合を2019年度の3割から2030年度までに6割超に増やす。国内外で太陽光や風力への投資を増やすと同時に、石炭火力は段階的に減らして50年までにゼロにする。日本政府が30年度時点の温暖化ガス排出削減目標を引き上げたのに応じ、最重要分野の一つである電力で脱炭素の取り組みを加速する。

総合商社は海外を中心に発電所の建設から運営までを担う電力事業を手掛けてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1153文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン