/

1月のノートPC出荷、前年の2.7倍に 学校向け需要続く

電子情報技術産業協会(JEITA)は22日、1月のノートパソコンの国内出荷台数が前年同月比2.7倍の127万7千台だったと発表した。5カ月連続で前年実績を上回り、1月単月としては2014年以来、7年ぶりに過去最高を更新した。小中学校に1人1台ずつ学習端末を配備する「GIGAスクール構想」の影響で、地方自治体での導入が進んだ。

パソコン全体の出荷台数は前年同月の2倍を超える138万4千台だった。出荷額も825億円で同20%増となった。デスクトップパソコンの出荷台数は「ウィンドウズ7」のサポート終了による昨年の買い替え特需の反動から41%減の10万7千台となっており、学習端末の配備が21年3月末までに前倒しされたノートパソコンが市場全体を下支えしている格好だ。

足元の国内パソコン市場の状況は新型コロナウイルス流行前とは大きく異なる。企業が在宅勤務の普及を背景に、オフィスで使っていたデスクトップパソコンをノートパソコンに切り替える動きが広がっている。出荷実績でも1年前は全体に占めるノートパソコンの出荷台数比率が約7割だったが、足元では9割前後で推移している。

調査会社、MM総研(東京・港)の中村成希執行役員は「すでに21年度に向けて大手企業が在宅勤務を強化し、ノートパソコンを買い増す動きが目立っている」と分析する。ただし大企業の導入が市場全体を押し上げる効果は限定的だ。「ポストGIGA」でも市場拡大が続くかどうかは、中小企業で在宅勤務がどこまで浸透するかにかかっている。

(菅野気宇)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン