/

この記事は会員限定です

三菱重工の次世代ロケット「H3」、機体価格半分に

[有料会員限定]

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は23日、次世代ロケット「H3」の一部を初めて公開した。製造方法の見直しなどで機体価格を従来の半分に抑え、各国政府や企業から衛星の打ち上げを受注する。ロケット産業では米国の新興企業なども実績を積み上げている。日本勢も勝ち残りに向けて早期に受注を増やし、信頼性を高める必要がある。

三菱重工の飛島工場(愛知県飛島村)で公開した試験機の胴体部分の直径は5.2メートルで、長さは57メートル。打ち上げ能力は1.3倍以上となり、6.5トン以上の放送や通信用の衛星を軌道に乗せることができる。現行の主力機「H2A」の後継機として、JAXAが三菱重工な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り944文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン