/

この記事は会員限定です

不動産・建設、データセンターに活路 コロナで需要増

[有料会員限定]

不動産や建設会社がデータセンター分野に活路を見いだそうとしている。ヒューリックは賃貸収入に占める比率を現在の2倍程度に引き上げる方針だ。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う在宅勤務の定着でオフィス需要は当面伸びない公算が大きい。一方で、高速通信規格(5G)の登場でデータセンターの需要は高まる。大林組大成建設も受注開拓に動いている。

ヒューリックの西浦三郎会長は不動産事業の新たな柱として「データセ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1304文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン