/

三陽商会、希望退職で150人募集 13年以降4度目

希望退職に切り替えコスト削減につなげる

三陽商会は21日、正社員を対象に約150人の希望退職者を募集すると発表した。募集期間は2月15日から3月5日まで。同社は2020年12月下旬に人数を定めず早期退職者を募集すると発表していたが、新型コロナウイルスの感染拡大で業績が悪化。希望退職に切り替えコスト削減につなげる。

同社は13年以降に3度で約770人の希望退職を実施しており、今回で4度目になる。

対象者は販売職も含む正社員が対象で、退職日は3月31日。年齢制限などは今後詰める。退職者には所定の退職金に加え特別退職金を支給するほか、希望者に再就職の支援も行う。関連費用は21年2月期に特別損失として計上する。

同社は1月29日までを募集期間として早期退職者を募っていたが、この応募者は今回の希望退職に移行する。

三陽商会は21年2月期まで5期連続の最終赤字となる見通しで、業績の立て直しを進めている。ただ、足元では新型コロナウイルスの「第3波」が深刻化し、首都圏や関西などで販売環境が悪化。20年3~11月期の連結最終損益は12億円の赤字だった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン