/

この記事は会員限定です

住友化学、アクリル樹脂を再生 エネルギー消費6割減

[有料会員限定]

住友化学はアクリル樹脂の再生事業に乗り出す。アクリル樹脂に熱をかけて原料に戻し、再び同樹脂を生産する。2023年以降の事業化を目指す。生産から廃棄の過程で発生する二酸化炭素(CO2)を新品と比べ6割減らせるという。環境に配慮した製品を使う企業に売り込む。

アクリル樹脂は透明性が高いのが特徴で、水族館の水槽や看板、自動車のランプカバーなどに使う。新型コロナウイルスの感染拡大のためにレジなどに設置する需要も増...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り350文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン