/

DeNA元従業員、顧客情報を不正持ち出し

DeNA(ディー・エヌ・エー)は21日、同社の元従業員が顧客情報を不正に持ち出し、カードローンに申し込んでいたことが判明したと発表した。カーシェアリングサービスの顧客情報8人分が不正に持ち出された。金銭的な被害は確認されていないという。

元従業員は個人間で車両をシェアリングするDeNA SOMPO モビリティ(東京・渋谷)のサービス「エニカ」の顧客情報8人分を11~15日に持ち出したとみられ、そのうち6人分の個人情報でカードローンを申し込んでいた。不正に持ち出された可能性がある個人情報は、氏名や生年月日、住所のほか、銀行口座の情報や運転免許証などの本人確認書類の画像。

身に覚えのない消費者金融会社から連絡が入った顧客からの問い合わせを受け、社内調査したところ、発覚した。DeNAは元従業員を19日付で懲戒解雇したほか、法的措置も検討している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン