/

この記事は会員限定です

オープン技術で先端製品、IoT向けや半導体

企業・国の囲い込みに対抗

[有料会員限定]

ソフトなどのプログラムが公開されて誰でも使える技術「オープンソース」を使ったハイテク製品の開発が広がっている。米国の開発団体がIoTデバイスを発表し、ルネサスエレクトロニクスは台湾勢と半導体の開発に乗り出した。ハイテク摩擦で特定の国や企業が技術を囲い込む動きに警戒が広がり、効率的に製品を開発しようとする機運が強まっている。

米半導体大手テキサス・インスツルメンツ(TI)などとの協業で知られ、オープンソースの普及に向けて数...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1921文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン