/

この記事は会員限定です

手術後に消える素材、負担軽く 骨折治療や縫合糸

[有料会員限定]

骨折治療や心臓手術の負担を減らす、次世代の医療素材の開発が進んでいる。マグネシウム合金や絹由来のタンパク質を使い、手術後は自然に体に吸収される。欧米からの輸入超過が続く医療機器の分野で、スタートアップが相次ぎ台頭する。

筑波大学の研究所でウサギを使った動物実験が続く。体内に埋め込んだマグネシウム合金製のボルトが想定通り「消える」のか。医師らが磁気共鳴画像装置(MRI)画像の変化を観察している。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1013文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン