/

ソニー、試作EVの5G走行実験 自動運転の通信性能検証

ソニーグループは21日、電気自動車(EV)の試作車で、通信に高速通信規格「5G」のみを使った走行実験をドイツで始めたと発表した。5G環境での自動運転の実現に向け、画像や走行データの通信技術を検証する。同社は年内にも、国内や米国で公道の走行実験を計画している。

ソニーの試作EV「ビジョンS」

走行実験をしたのはEVの試作車「VISION-S(ビジョンS)」。これまでの走行実験は5G以外の通信規格も使っていたが、今回は5Gのみを使う。英ボーダフォンと連携し、アンテナやモデムなど通信装置の性能を試す。ソニーは「5Gのデータ通信が最適にできれば、自動運転や遠隔運転の安全性や利便性を高められる」としている。

ビジョンSは車内外の状況を把握するセンサーや、車内のAV(音響・映像)など車載製品の技術向上を目的に、犬型ロボット「aibo(アイボ)」を手掛けたチームが試作した。車内にディスプレーを搭載し、映画などを楽しめる。特定条件下での完全自動運転が可能になる「レベル4」を目指している。販売や量産は予定していない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン