/

この記事は会員限定です

JVCケンウッド、遠赤外線のカメラシステム開発

[有料会員限定]

JVCケンウッドは暗闇でも100メートル先の遠方まで撮影できる遠赤外線カメラシステムを開発した。先進運転支援システム(ADAS)や監視カメラ向けを想定する。温度を検知するため、夜間など光が弱い場所でも人や動物を認知でき、ドライバーへの警告システムも搭載。今後、実用化を目指す。

遠赤外線センサーは装置を冷やすためのクーラーが不要な非冷却型を採用。カメラ部品は1辺が4センチメートル程度の箱形と小型化に成功した。車載向...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り331文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン