/

この記事は会員限定です

インターステラテクノロジズ、新会社設立 人工衛星事業に参入

[有料会員限定]

ロケット開発スタートアップのインターステラテクノロジズ(北海道大樹町)は、衛星事業に参入すると発表した。2021年のはじめに子会社を設立する。ロケット事業に比べ短期間で収益化が見込める衛星事業を手掛けることで経営改善を図る。

インターステラが全額出資する「Our stars」を設立する。社長にはインターステラの創業者で実業家の堀江貴文氏が就任する。

新会社は3つの事業を手掛ける。1つ目はカプセル玩...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り444文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン