/

この記事は会員限定です

三井不動産、出社率を10%に引き下げ コロナ対策で

[有料会員限定]

三井不動産は新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、社員の出社率を10%に引き下げた。全国約1700人の社員のうち施設の運営担当者らを除き、在宅勤務などに切り替えた。緊急事態宣言が発令中は同水準を保つ方針だ。政府が企業に出勤者数を7割減らすよう要請するなか、通勤による移動やオフィスでの会議を減らし感染防止を徹底する。

2020年末に50%だった出社率を、21年1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り171文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン