/

この記事は会員限定です

キリン、「午後の紅茶」刷新 ラベルレスの「生茶」も

[有料会員限定]

キリンビバレッジは21日、2021年の事業方針を発表した。発売35周年を迎えた「午後の紅茶」を刷新するほか、ファンケルとの共同開発商品や緑茶飲料「キリン 生茶」のラベルレス商品なども発表した。新型コロナウイルスが流行するなか、健康分野などに注力し21年の販売数量は前年比4%増の2億2020万ケースを見込む。

午後の紅茶を3月9日に3年ぶりにリニューアル発売する。ブランドロゴを大きくあしらったパッケージに変え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り536文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン